出し惜しみしてる場合じゃないなと思った

出し惜しみしてる場合じゃないなと思った 不完全な人間のつれづれ日記
この記事は約3分で読めます。

自分の持っている情報を外に出したら何が起きるのかという実験

最初に大量の情報を集めた後、使わない情報は捨てる。

こんなやり方をしている、私のせいなんですけどね。
情報や知識、ノウハウをためこみやすいんです。

いまになってやっと「情報・知識自体に価値はない」ってことがわかってきたので。
自分の知っていることだったり、どこから情報を得ているのかを開示してみたわけです。

自分の前提をくつがえす(潜在意識の情報を変える)ためでもある

この記事↓の最後のほうに書いてますけど。

集めようとしても集まらないんだから、集める必要がないということに気がついた。

と言いつつも。

心のどこかでは「本当はもっと人を集めたいんじゃないの?」という気持ちがあることに気づいてしまいました。

「集める必要がない」と考えるのも、「もっと人を集めたい」と考えるのも。
両方とも「自分のブログは人が集まらない」という前提から発生している思考や行動にはまちがいなくて。

そんな前提で現実を見ていると。
「情報発信する必要なくね?」という極端な行動に出そうでした。

人が増えても、減っても、おもしろい結果になるよな、と考え直して。
行動を変えてみました。

紹介している人たちは、私のブログよりも有益なことを発信している人たちばかりなので。
「この人の発信だけ受け取っておけば充分だわ」と思ったのなら、それでいいと思います。

「ゆるく生きる」とは「現状維持」や「思考停止」することではない

「ゆるく生きる」を、より正確に表すなら。

自分にできる範囲のことをやる。
自分がやっていることを自覚する。
(他人の依頼・提案であっても、最終的にやると決めたのは自分だ、という自覚を持つこと)
高望みしすぎない。
現実で何かがおかしい時は自分を疑う。
現状がイヤなら、無意識の思考も含めて、自分を変える。
自分以外のもの(結果を含む)に期待せず、変えようとしない。

みたいな感じ。

「他人軸を自分軸に戻すと、他人軸で生きていた時よりもラクですよ」というニュアンスかな。

ひとつ前の記事にも書いたけど。
まったくもって、「ゆるふわスタイル」ではない。

自分がどれだけ、あることにとらわれていて、あることに無関心なのか。
ゆっくりと気づいていきながら、少しでもいいから「生きやすいな」と思う方向に舵をきる。

これが今の私が目指している方向ですね。

絶賛、プロフィール修正中。

プロフィールを直そうにも、言葉になっていないことがあったのと。
家にあるもので自分の考えるイメージというか、世界観的なものを写真で表せそうな気がしたんです。

その写真のため、というわけでもないんですけど。
新しく購入したヘッドフォンが土曜日に届くので、届いたヘッドフォンで写真を取ってみたくて。

どうせ限られた人にしか読まれないなら、プロフィールを濃い目にしてもいいんじゃないかと考えたんですね。

新プロフィールを読んで「私には合わないわ」と思われたらそれまで、ということで。

質問などはコメント欄から入力することもできます。