やりたくないことをやめる

やりたくないことをやめる 自分らしい生き方
この記事は約4分で読めます。

なんのためにやっているんだっけ?

なにかに取り組むことはいいんだけど、「何のためにやっているのか?」を忘れていると、手段と目的がすり替わることがあります。

やる必要ないことをやってしまいがち。

「これをやらないとダメだ!」と思いながらやっていると。
「これをやらないとダメだ!」と思うような現実がいつまでも続く。

という、なかなかの悪循環。

私自身、本来の目的を思い出すことと、やり方やノウハウに対する執着を解くと、「あ、これ、やらなくてよかったわ」と気づくことが多いこの頃です。

やめられないのは今の状況にメリットを感じているから

過去の記事にも書いていることですが、私が間違った努力を続けていたのは。

被害者でいられるし、他人のせいにできるからです。

ずっとやってきたことをやめるのって、ものすごく勇気がいります。
例えば私は、何年も働き続けた会社を辞めようとした時に、いろんな思いが発生しました。

だけど、潜在意識のことを学び始めて。
「今の現実は自分が作りだしている」と、心の底から理解した時。

もう辞めたいなと思って辞めたんです。

心のことだけをどうにかしても意味がなくて。

行動を変えると現実に反映されるのがこの世界の面白さ。

気づいたのなら、やめる。

やめた時に解放感があったなら、あなたのその判断は間違っていません。
曲で例えるなら、藤井風君の出したアルバムに入っている「帰ろう」のサビみたいな感じ。

いい曲なので聴いてほしい。本人のyoutubeチャンネルより↓

Kaerou

ちなみにこの件については、ナリ心理学でも動画が出ていました。
動画はコチラ↓

直感を信じよう!!!!

ナリ心理学の動画内でも言われていることですが、私は向いていないこと(間違った努力)をやり続けていたってことになるんです。

やめる時のコツは「条件をつけない」こと。

やめたいからやめる。これだけでいいです。

子供だった時のことを思い出すとわかりやすいです。

頭を使って「これをやるべきか、やらないべきか……」なんて悩まなかったはずです。

やりたいならやるし、やりたくないならやらない。

それだけしか判断基準になかったはず。

それぐらいの軽い気持ちでやめていくといいです。

例「人を集めなきゃ!」と考えている時

これ、少し前の私がハマっていたやつです。

過去を振り返ると、ずーっと「人を集めなきゃ!」と思うような状況が続いていることに気づいたんです。

「もう人が集まっても集まらなくても関係ないや」と思った瞬間に、人が来ました。

私がやっていたこと

アクセス解析を見て「人、来てないなー」と毎日のように確認していました。

誰よりも知識や経験を積まなければならないと考えて、たくさん勉強をしていました。

役に立つ情報を必死に考えて出すようにしていました。

人が来ないので、必至に勉強して、役に立つ情報を出す毎日。
でも、いくら情報を出しても人が来ない。

間違いなく現実は、私が考えている通りになっていました。

例「勉強しなきゃ!」と考えている時

私がやっていたこと

勉強についてだけいえば、小学校高学年ぐらいからハマり始めたんじゃないでしょうか。

自分にはとりえがないんだから、勉強ぐらいはできるようになろう。

「自分にはなんの価値もない」と考えていたので、勉強をがんばるようになったんです。

ここまで文章を読んだあなたならわかるはずです。

自分には価値がない(とりえがない)からといって、勉強をがんばった場合。

自分には価値がないと感じることが増えるし、勉強をがんばらなくてはいけない、という現実が起きることに。

例 他人の言うとおりにするべきだと考えている時

私がやっていたこと

特に仕事で「○○ができるようになってほしい」とお願いされることが多かったです。

そんなことになったのは、間違った考え(仕事のできる人、あるいは優等生であるべき)をもとに行動を積み重ねた結果なのですが……。

他人に過剰な期待を抱かせてしまうことが多くて。

いつの日か「期待されない人間になりたい」と願う毎日を送るようになりました。

もちろん。
これは逆効果です。

私が願えば願うほど、どんどん期待される人間になる現実が続いていきました。

潜在意識に「私は期待される人間だ」という考えが浸透しているので。
「私は期待される人間だ」という考えを変えないかぎり、現実って変わらないんです。

あなたは何をやめますか?

今回のコロナのことで「絶対に会社に行かないとダメ」というのは幻想だったと気づいた人も多いはず。

コロナに限らず、台風だったり、大雨だったり、なんらかの災害が発生しても必死に会社に向かう人たちを見ていて。

いつも違和感がありました。

そもそも、やらなければならないことなんてないんです。

好きなように現実をつくる一歩として、「やらなければならない」と考えていることを1つやめてみるといいかもしれませんね。

質問などはコメント欄から入力することもできます。